« 電工2種合格記 | トップページ | NP-60SS6 分解修理 その2 »

2012年9月19日 (水)

NP-60SS6 分解修理

夕食を片付けて子供たちを寝かしつけていたら、食洗機がエラー音を立てて止まった。
いろいろ試して見るが、どうも排水系が逝ったようだ。
詰まりを疑うが、排水側に水圧をかけると何の抵抗も無く逆流してくれる。

以前、洗浄系のパッキンの修理をしたが、たしか洗浄と排水とでポンプを共有していたはずなので切り替え弁かなと思い調査開始。

案の定というか、素敵な先行事例のページを見つけた。
非常にありがたい。

仕方が無いので0時過ぎだというのに、風呂場に運んで分解開始。

P1080268_2

P1080269_2

P1080270_2

P1080271

P1080273

この黒いゴムパッキンが例によって伸びきって外れておりました。前回もゴムの膨張でしたが、普段熱収縮チューブとか使ってると熱で縮むイメージですが、伸びるんですね。しかもかなりの比率で。

とりあえずボンドでとめてみましたが、暫定処置なので明日部品発注してこようと思います。

しかし、材質系に弱い会社だ。 (--;;;

お約束なので追記しておきますが、分解その他はくれぐれも自己責任でお願いします。

« 電工2種合格記 | トップページ | NP-60SS6 分解修理 その2 »

家電修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560384/55692215

この記事へのトラックバック一覧です: NP-60SS6 分解修理:

« 電工2種合格記 | トップページ | NP-60SS6 分解修理 その2 »