« Zybo+linaro用のクロスコンパイルメモ | トップページ | 続・ZyboでDVI出力 »

2015年3月15日 (日)

Zybo MACアドレス

Zyboでは FSBL 構築時に fsbl_hook.c にて EPROM からMACアドレスを読み出すように改造しないと、再起動ごとにMACアドレスが変わってしまうようだ。

DHCP環境だと、次々IPアドレスが変わってしまうし、DHCPサーバー側にも貸し出し中のままのIPが残ってしまいIP枯渇にもなりかねない。

とはいえJTAG起動の場合、FSBL は tcl で代替となるので同じ対応を考えるのは面倒だ。
とりあえず安直な逃げとして、

/etc/network/interfaces

auto eth0
iface eth0 inet dhcp
hwaddress ether aa:bb:cc:dd:ee:ff

とか書いて、MACアドレスを固定すると fsbl_hook.c を書き換えなくても暫定回避は出来るようだ。

« Zybo+linaro用のクロスコンパイルメモ | トップページ | 続・ZyboでDVI出力 »

FPGA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Zybo MACアドレス:

« Zybo+linaro用のクロスコンパイルメモ | トップページ | 続・ZyboでDVI出力 »