« 続々・ZyboでHDMI入力 | トップページ | OpenGLのZの扱いについて考える »

2015年8月15日 (土)

SARA3ケースでPCを組んでみる

  以前 Haswell 世代に乗り換えた際のSandy Bridge世代CPU (Core i7-2700K)がマザーボード(ASUS P8Z77-V)ごと余っていたので、1台組んでみた(妻のデスクトップが古くなっていたので)。
 Haswell化してもコア数は同じで、クロックは少し下がった(3.5GHz=>3.4GHz))のでFMA命令使わない限り、プログラムはそれほど早くならなかった印象なので、今でも十分速いはずだ。

  が、妻はコンパクトな筐体を望むのに対して、今回は手元にあるのはフルATX規格のマザーボード...

Dsc_0393

  さてどうしたものかと探した中ではこちらの SARA3 が一番小さいようだ。

  夏休み中にということで、よく考えずに速攻でDOSパラで24時間以内に発送部品だけで、注文して見たのが下記

Dsc_0396

ケース:Scythe SARA3/A
電源  :Corsair CX500M
メモリ:ADATA AD3U1333W4G9-2
HDD   :HGST HTS541010A9E680
DVD   :ASUS DRW-24D3ST
OS    :Microsoft 【64bit】 Windows7 Professi

で、組み立て始めると、いろいろ狭い!

ちなみにHDDは間違えて2.5インチを発注してしまったが気にしない。
(いろいろ外因で、Web上で何度もカート追加と住所入力を繰り返す羽目になって、最後のほうの品選びが超適当である)。

ケースのマザーボード固定の螺子穴が1つ潰れていてガバガバ(たぶん初期不良)だったが、これもまあまあ残り8点で固定できるので気にしない。

で、とにもかくも詰め込んだ状態が下記、

Dsc_0398

いろいろやばかったです。
 ASUS P8Z77-V はカードエッジにSATAがあるのですが、電源のフラットセミモジュラーケーブルを刺す位置と見事に衝突。

 そこまで考えてなかったよ orz

 結局、電源系統を半分に制約 & SATA3の6Gポートを封印して、SATA2の3Gのポートで我慢。という微妙なところに落ち着きました。

 電源に関してはまあ、拡張スロットはロープロファイルなので、GPUボード挿すとかもなく、ケースファンとHDDとDVDドライブへの給電のみ。
 SATAもまあ、2.5インチHDDとDVDドライブなのでまあいいかと。

 とにもかくにも、フルATXボード+ATX電源でそこそこコンパクトにできるのはすばらしい。

 で、インストール中ですが

 

Photo

189個の重要な更新プログラムが、って、ええーーー?

いつ終わるのやら....



« 続々・ZyboでHDMI入力 | トップページ | OpenGLのZの扱いについて考える »

駄文」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SARA3ケースでPCを組んでみる:

« 続々・ZyboでHDMI入力 | トップページ | OpenGLのZの扱いについて考える »