« リアルタイムコンピューティングについて再考察 | トップページ | RealTime-GPU のアーキテクチャ »

2018年2月12日 (月)

RealTime-GPU テクスチャマップ編

 とりあえず、RTLシミュレーションでテクスチャマッピングが動き出しました。

 ちゃんとパースペクティブ補正入れています。
 メモリに置いた画像が前にテクスチャキャッシュ作ったときの640x480画像ですが、テクスチャは 512x512 設定なので、縦はラップアラウンドさせています(見た目イマイチ)。

 

Texture_map

 RealTime-GPUといいつつ、調子に乗って6面ともテクスチャ張ったら、640x480ですらキャッシュミス頻発で、16.6msに収まっていなかったりします。
 画像サイズ小さくして、BRAMに置けば何の問題も無いのはわかっているのですが、調子に乗ってテクスチャキャッシュでSDRAMから読み込む構成にしてみました。
 ちょっといろいろ工夫は必要そうです。

 コアのみの合成してみると XC7Z010 で 50%程度なので、まあ意外と何とかなるかもです。

 

Texturemap_utilization2

 今週はここまでかな、先が長いです。

« リアルタイムコンピューティングについて再考察 | トップページ | RealTime-GPU のアーキテクチャ »

FPGA」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RealTime-GPU テクスチャマップ編:

« リアルタイムコンピューティングについて再考察 | トップページ | RealTime-GPU のアーキテクチャ »